住宅ローン借り換えナビ - 意外と知らないメリット・デメリットとは?TOP > 検討する前に > 借り換えた方がいい人は?

借り換えた方がいい人は?

 

あなたは、借り換えた方がいい場合がどういう時かご存知ですか?

 

こちらでは、以下に該当する人の場合は、住宅ローンの借り換えについて検討されることをお勧めします。

そうすれば、今よりも返済負担が軽くなる可能性がありますよ。

 

☆「変動金利で住宅ローンを借り入れしている人」
今のように低金利の時代では、変動金利よりも固定金利にしておいた方が、断然有利になります。

 

今後住宅ローンの金利が上がっていくことはあっても、これ以上低金利になることは考えられませんからね。

 

過去の例を見ても、諸外国の例を見ても分かる通り、金利が5%程度にまで上がることは十分に考えます。

 

よって、変動金利の人は金利が低い今、長期固定金利に借り換えを検討してみた方がいいと思います。

 

☆「段階金利の適用が近い人」
住宅公庫などを利用した人の場合には、11年目以降段階金利の適用で、金利が上昇するタイプの人が多いと思います。

 

この段階金利の場合、11年目以降の金利は4%くらいになるので、現在の固定金利よりも1%以上は高くなります。

 

1%差があると返済総額によっては数百万円違ってくるので、段階金利よりも低金利の固定金利タイプへの借り換えを検討する方がいいと思いますね。

 

☆「現在の長期固定金利より高い金利で借り入れをしている人」
固定金利にしている人でも、現在の住宅ローンの固定金利でもっと低金利のものがあれば、検討してみる価値は十分にあります。

 

1000万円以上の住宅ローンの借り入れがある場合は、1%違うと支払総額は200万円以上変わってくることがあるからです。

 

☆「固定金利選択型を利用している人」
1%キャンペーン金利など、一定期間の間だけ固定金利になるタイプの住宅ローンにしている人の場合は、すみやかに長期固定金利に借り換えをした方がいいと思います。

 

今の長期固定金利はかなり割安になりますよ。

 

変動金利が適用となる前に、すみやかに借り換えることをお勧めします。

 

 

検討する前に記事一覧

借り換えの検討について

あなたは、借り換えの検討を考えていませんか?※住宅ローンの借り換え新規で別の住宅ローンの借り入れをし、今まで借り入れしていた住宅ローンを一括して返済すること。借...

借り換えた方がいい人は?

あなたは、借り換えた方がいい場合がどういう時かご存知ですか?こちらでは、以下に該当する人の場合は、住宅ローンの借り換えについて検討されることをお勧めします。そうすれ...

ベストなタイミングとは?@

あなたは、借り換えのタイミングってあると思いますか?近年の低金利事情や収入の低下などの理由で、住宅ローンの借り換えについて検討する人がかなり増えていますよね。しかし...

ベストなタイミングとは?A

あなたにとって、借り換えのタイミングはいつだと思いますか?借り換えのタイミングには、「金利」以外にも考慮しなければならないことがあります。それは、「年収」と「健康状...

金利上昇のリスクについて

あなたは、金利上昇のリスクについて何か知っていますか?低金利の住宅ローンに借り換えをした場合は、月々の返済金額が減ることによってメリットを実感することができますよね。 ...

借り換えできないケースについて

あなたは、借り換えできないケースについてご存知ですか?住宅ローンの借り換えは、どんな時でも誰でも出来るというものではありません。借り換えができない場合も当然あります...