住宅ローン借り換えナビ - 意外と知らないメリット・デメリットとは?TOP > 検討する前に > 借り換えできないケースについて

借り換えできないケースについて

 

あなたは、借り換えできないケースについてご存知ですか?

 

住宅ローンの借り換えは、どんな時でも誰でも出来るというものではありません。

借り換えができない場合も当然あります。

 

その借り換え出来ないと考えられる理由は、大きく分けて4つです。

 

1.公的ローンへ借り換えすることはできません。

 

2.民間の場合でも、同じ金融機関の中で1つの住宅ローンを借り入れていると、別の住宅ローンへ借り換えすることはできない事があります。

 

3.住宅ローンの借り換えを申請すれば、新規借り入れと同じ様に担保評価が行われるため、担保割れしていれば借り換えできない事があります。

 

※ただし、金融機関の中には担保割れしていても、借り換えできるようにと対応しているところもあり、必ずしも借り換えできないという訳ではないので、各金融機関に確認するようにしましょう。

 

4.過去1年の間に住宅ローンの支払いを延滞していたら、借り換えできない事があります。

 

※このような場合、住宅ローンの借り換え準備を進めても審査に通らないことがあるので、事前によく確認することが大切になります。

 

それから、根本的なことですが、住宅ローンの借り換えを検討される場合の注意点を1つ申し上げておきます。

 

どれだけいい条件で借り換えをしても、元本が減ることは決してないということです。

 

軽減できるのは、あくまでも手数料と支払い利息分となることをよく承知しておきましょう。

 

よって、いくら住宅ローンの借り換えがお得だと言われていても、そのお得度合いには限度があるという事になります。

 

検討する前に記事一覧

借り換えの検討について

あなたは、借り換えの検討を考えていませんか?※住宅ローンの借り換え新規で別の住宅ローンの借り入れをし、今まで借り入れしていた住宅ローンを一括して返済すること。借...

借り換えた方がいい人は?

あなたは、借り換えた方がいい場合がどういう時かご存知ですか?こちらでは、以下に該当する人の場合は、住宅ローンの借り換えについて検討されることをお勧めします。そうすれ...

ベストなタイミングとは?@

あなたは、借り換えのタイミングってあると思いますか?近年の低金利事情や収入の低下などの理由で、住宅ローンの借り換えについて検討する人がかなり増えていますよね。しかし...

ベストなタイミングとは?A

あなたにとって、借り換えのタイミングはいつだと思いますか?借り換えのタイミングには、「金利」以外にも考慮しなければならないことがあります。それは、「年収」と「健康状...

金利上昇のリスクについて

あなたは、金利上昇のリスクについて何か知っていますか?低金利の住宅ローンに借り換えをした場合は、月々の返済金額が減ることによってメリットを実感することができますよね。 ...

借り換えできないケースについて

あなたは、借り換えできないケースについてご存知ですか?住宅ローンの借り換えは、どんな時でも誰でも出来るというものではありません。借り換えができない場合も当然あります...