住宅ローン借り換えナビ - 意外と知らないメリット・デメリットとは?TOP > 基礎知識@ > 費用について

費用について

 

あなたは、借り換えの時にかかる費用について何か知っていますか?

 

借り換えを検討するなら、忘れてはならないのが借り換えにかかる諸費用です。

新規に住宅ローンを借り入れするのと同様なので、諸費用も当然発生してきます。

 

そこで、こちらではどのくらいの金額がかかるのか、必要となる費用は何かについて見ていきましょう。

 

住宅ローンの借り換えにかかる諸費用には、以下のようなものがあります。

 

■契約書貼付印紙税
借入額が1,000万円以上5,000万円未満の場合で2万円、借入額が5,000万円以上1億円以下で6万円必要になります。

 

■事務手数料
こちらはおよそ31,500円で、中には借入額の数%とられる場合もあります。

 

■保証料
借入金額や返済年数で決定するもので、中には保証料がない金融機関もあるそうです。

 

■抵当権設定費用
登録免許税として、借入額の0.1%がかかります。

 

その他、登記を依頼するので司法書士報酬なども発生してきます。

 

既存の住宅ローンを完済するための費用もかかってきます。

 

■繰り上げ返済手数料
こちらは一括返済するので手数料がかかってきます。
15,750円や31,500円など、金融機関によって異なりますね。

 

■抵当権抹消費用
不動産1個に1,000円はかかります。

 

以上がおよその借り換え諸費用の目安で、3,000万円を30年返済の場合約80万円、2,000万円を20年返済の場合約50万円です。

 

こうして見ると、借り換えの諸費用は意外とかかるものなんですね。

 

住宅ローンの借り換えシミュレーションと同様に、各金融機関のホームページで借り換え諸費用の試算も行うことができます。

 

一度試算してみてはいかがでしょうか。

 

基礎知識@記事一覧

基本について

あなたは、借り換えの基本をご存知ですか?借り換えを検討する時の基本的な考え方は、目的を明確にして、それに合わせた住宅ローンの借り換えについて行うことが大切になります。 ...

手順について

あなたは、借り換えの手順について理解していますか?住宅ローンは、借り入れ後に定期的に見直してメンテナンスする事もとても大切です。その当時はベストな選択だとしても、時...

費用について

あなたは、借り換えの時にかかる費用について何か知っていますか?借り換えを検討するなら、忘れてはならないのが借り換えにかかる諸費用です。新規に住宅ローンを借り入れする...

金利について

あなたは、きちんと金利についても理解できていますか?住宅ローンの金利には、「固定金利」と「変動金利」の2種類あります。政府の金利政策などによって、金利引き上げは変動...

保証料について

あなたは、借り換えを考える時の諸費用を少くできていますか?借り換えを考える際には、諸費用は少なければ少ないほど良いと思いますよね。その諸費用の大部分を占めるのは「保...