住宅ローン借り換えナビ - 意外と知らないメリット・デメリットとは?TOP > 基礎知識A > 審査について

審査について

 

あなたは、審査にどんな事を知っていますか?

 

こちらでは、住宅ローンの審査について詳しくご紹介していきますね。

新規で住宅ローンを借り入れるのと、借り換えをするのとでは、審査時のチェックポイントが違ってきます。

 

借り換えの方が審査がゆるくなる事もあれば、逆に厳しくなることもあります。

 

例えば「年収」の場合、新規で住宅ローンを借り入れるなら、最低基準は年収「300万円」ですが、借り換えの場合は最低基準が「400万円」になるなどの例があります。

 

「勤続年数」の場合では、新規で借り入れするなら「2年」のところが、借り換えの場合「3年」になると言います。

 

「延滞歴」についても当然チェックされますね。

 

延滞の理由によっても違いますが、基本的には延滞があると借り換えすることは厳しくなります。

 

「居住年数」についても確認されます。

 

当然長く住んでいる方がしっかりと住宅ローンを返済してきたことになるので、「3年〜5年」程度が審査基準になるようです。

 

「返済比率」についても、新規の場合「35%」くらいまで可能ですが、借り換えの場合は「30%〜25%」くらいのところが多いですね。

 

年収が増えていないのに、現状の返済比率が35%となっている人の場合などは借り換えが難しくなります。

 

と言っても、延滞するわけにもいかないので理想的には返済比率は「25%以下」がいいと思いますね。

 

「物件評価」も審査対象になります。

 

現在は、住宅ローンのほとんどが担保割れとなっているのが現状です。

 

そのため、物件評価の1.2倍あるいは2倍などの借り換えが可能になっている金融機関もあります。

 

担保割れについては、各金融機関に問い合わせるといいでしょう。

 

このような事が借り換え時の審査ポイントなので、事前にチェックしておくようにして下さい。

住宅ローン借り換えのおすすめサイト

 

新生銀行住宅ローン借り換えデメリットは?【金利・審査の落とし穴】
新生銀行の住宅ローン借り換えについて、金利や審査を研究しそのメリットとデメリットをご紹介しています。住宅ローン借り換えの有力な候補である新生銀行について徹底的に研究しています。
www.ginkou-jutakuloan-karikae.com/


基礎知識A記事一覧

審査について

あなたは、審査にどんな事を知っていますか?こちらでは、住宅ローンの審査について詳しくご紹介していきますね。新規で住宅ローンを借り入れるのと、借り換えをするのとでは、...

権利について

あなたは、きちんと権利のことも理解できていますか?新規で住宅ローンを借り入れる時にも、借り換えをする時にも、いろいろな権利や法律が絡んできますよね。そこで、こちらで...

連帯債務について

あなたは、連帯債務になっている場合の借り換えについて何か知っていますか?こちらでは、住宅ローンが連帯債務になっている場合の借り換えについてご説明しますね。夫と妻が連...

住宅ローン減税について

あなたは、借り換え時の住宅ローン減税について何か知っていますか?金利上昇のリスクを避けるために、長期固定の住宅ローンへ借り換えをする人が最近増えていますよね。しかし...

公庫の段階金利について

あなたは、公庫の段階金利について聞いた事はありますか?旧住宅金融公庫にて住宅ローンを組んだ人の場合は、10年以降の段階金利で金利が2%台〜4%台になる人もいると思います。 ...