住宅ローン借り換えナビ - 意外と知らないメリット・デメリットとは?TOP > 基礎知識A > 住宅ローン減税について

住宅ローン減税について

 

あなたは、借り換え時の住宅ローン減税について何か知っていますか?

 

金利上昇のリスクを避けるために、長期固定の住宅ローンへ借り換えをする人が最近増えていますよね。

しかし、適用条件を無視して住宅ローンの借り換えを行うと、住宅ローンの減税が受けられなくなる危険性があるので注意が必要です。

 

よって、住宅ローン減税の再適用条件についても、借り換えをする前にはきちんと確認しておく必要がありますね。

 

それでは、住宅ローンの借り換えをした時に住宅ローン減税の再適用を受けるには、どのような条件が必要なのかを見ていきましょう。

 

そもそも住宅ローン減税の対象になるのは、住宅を新築した時と購入した時、増改築のための直接借り入れ金などになります。

 

そのため、借り換えによって発生する新たな住宅ローンについては、原則特別控除の対象にはなりません。

 

ですが、次の2つの要件にすべて当てはまる場合については、住宅ローン減税の対象として認められています。

 

1.新しく借り入れる住宅ローンが、当初借り入れしていた住宅ローンの返済のためと明らかになっているもの。

 

2.新しく借り入れる住宅ローンが、償還期間10年以上経過していることなど特別控除の対象要件を満たすもの。

 

住宅ローンの借り換えは、住宅ローンを完済するための新たな住宅ローンで、家を購入するためのものとは違いますよね。

 

なので、基本的には住宅ローン減税の再適用はできないものです。

 

現在認められている住宅ローン減税の再適用については、あくまでも例外的なものであることをきちんと理解しておいて下さい。

 

住宅ローン減税の詳しい適用条件などについては、国税庁のホームページを参照してみると良いですよ。

 

基礎知識A記事一覧

審査について

あなたは、審査にどんな事を知っていますか?こちらでは、住宅ローンの審査について詳しくご紹介していきますね。新規で住宅ローンを借り入れるのと、借り換えをするのとでは、...

権利について

あなたは、きちんと権利のことも理解できていますか?新規で住宅ローンを借り入れる時にも、借り換えをする時にも、いろいろな権利や法律が絡んできますよね。そこで、こちらで...

連帯債務について

あなたは、連帯債務になっている場合の借り換えについて何か知っていますか?こちらでは、住宅ローンが連帯債務になっている場合の借り換えについてご説明しますね。夫と妻が連...

住宅ローン減税について

あなたは、借り換え時の住宅ローン減税について何か知っていますか?金利上昇のリスクを避けるために、長期固定の住宅ローンへ借り換えをする人が最近増えていますよね。しかし...

公庫の段階金利について

あなたは、公庫の段階金利について聞いた事はありますか?旧住宅金融公庫にて住宅ローンを組んだ人の場合は、10年以降の段階金利で金利が2%台〜4%台になる人もいると思います。 ...