住宅ローン借り換えナビ - 意外と知らないメリット・デメリットとは?TOP > 注意事項など > 相談するなら?

相談するなら?

 

あなたは、借り換えについて詳しい人に相談していますか?

 

素人が住宅ローンの借り換えを上手く行うための判断を下すのは、なかなか困難なものがあります。

なので、住宅ローンの借り換えを検討する時には、住宅ローンに関しての知識やライフプランを見通して、将来のシミュレーションをすることが必要になってきます。

 

そういう意味でも、借り換えの相談をするなら中立的な立場で物事を見ることができ、かつ専門的な知識もある第三者に相談するのが的確ですね。

 

以下に相談者について挙げてみました。

 

☆ファイナンシャルプランナーの場合
ライフプランから将来の家計の状態を見据えて検討してくれますが、ファイナンシャルプランナーであれば誰でもいいというわけではありません。

 

それぞれ得意分野があるので、住宅ローンに強い人を選んだ方が良いですね。

 

☆モーゲージ・ブローカーの場合
こちらは、住宅ローンについてコンサルティングをしたり、取り次ぎをしたりする人のことです。

 

あまり聞きなれない言葉ですが、日本国内にもいくつか会社がありますよ。

 

モーゲージ・ブローカーなら、住宅ローンに関しての審査基準や手続きなどについて詳細情報を知っています。

 

☆住宅ローンアドバイザーの場合
こちらは、住宅金融普及協会が資格認定を行っている所です。

 

住宅ローンに関しての資格は他にも増えてきていますね。

 

ファイナンシャルプランナーや不動産関係の仕事に従事している人が、住宅ローンアドバイザーの資格を取っていたりします。

 

専門的な立場で住宅ローンについてアドバイスすることができる人なので、とても心強いですね。

 

このように相談に適した人はいます。

 

そのまますべての意見を聞き入れる必要はないですが、住宅ローンを借り換える時の検討材料として取り入れることによって、ベストな選択をすることができると思いますよ。

 

注意事項など記事一覧

注意点について

あなたは、借り換え時の注意点について何か知っていますか?借り換えを考えるなら、注意しなければならない点ももちろんあります。まず、借り換えは住宅ローンを新たに契約する...

トクをする目安とは?

あなたは、借り換えでトクする目安を知っていますか?実際にどれくらいの金額、金利なら、住宅ローンの借り換えをしてトクすることができるのでしょうか。こちらでは、その目安...

相談するなら?

あなたは、借り換えについて詳しい人に相談していますか?素人が住宅ローンの借り換えを上手く行うための判断を下すのは、なかなか困難なものがあります。なので、住宅ローンの...

火災保険について@

あなたは、火災保険に入っていますか?旧住宅金融公庫で住宅ローンの借り入れをしている人は、段階金利にしていれば11年目以降4%くらいに金利がアップすると思います。そこ...

火災保険についてA

あなたは、自分自身が入っている火災保険をきちんと理解できていますか?民間の金融機関から住宅ローンの借り入れをしている場合でも、住宅ローンを契約した時に長期間の火災保険の契約...