住宅ローン借り換えナビ - 意外と知らないメリット・デメリットとは?TOP > 注意事項など > 火災保険についてA

火災保険についてA

 

あなたは、自分自身が入っている火災保険をきちんと理解できていますか?

 

民間の金融機関から住宅ローンの借り入れをしている場合でも、住宅ローンを契約した時に長期間の火災保険の契約を結んでいることが多いと思います。

この場合には、他の民間の住宅ローンへ借り換えする際には、火災保険をそのまま継続することができ、他の火災保険商品に契約し直すこともできるので検討してみましょう。

 

ただし、火災保険に質権が設定してある場合は、質権者の承認をとらなければいけません。

 

つまり借り換え時には、現在契約している火災保険を少しメンテナンスしながらも、そのまま継続していくことができるし、別の商品に契約し直すこともできるという事です。

 

どちらにしても日頃あまり見直すことがないものなので、住宅ローンの借り換えの際に火災保険見直しをするといいと思いますね。

 

さて、見直す時には、火災保険の保険金額、保険期間、補償内容などを確認しましょう。

 

保険金額とは時間の経過とともに変わるもので、ここ数年の間に火災保険では新商品が続々と販売され、従来のものとは補償の内容も変わってきています。

 

さらに、最近の新型火災保険では新価で契約するのが一般的なので、時価の心配をする必要がありませんね。

 

2010年4月には保険法が制定されたので、保険契約者の保護が強化されました。

 

そのため、火災保険についても契約者に分かりやすいようますます進化してきているのが現状です。

 

このようなことを考えると、10年以上の長期火災保険に契約している人には、見直しをお勧めしたくなりますね。

 

注意事項など記事一覧

注意点について

あなたは、借り換え時の注意点について何か知っていますか?借り換えを考えるなら、注意しなければならない点ももちろんあります。まず、借り換えは住宅ローンを新たに契約する...

トクをする目安とは?

あなたは、借り換えでトクする目安を知っていますか?実際にどれくらいの金額、金利なら、住宅ローンの借り換えをしてトクすることができるのでしょうか。こちらでは、その目安...

相談するなら?

あなたは、借り換えについて詳しい人に相談していますか?素人が住宅ローンの借り換えを上手く行うための判断を下すのは、なかなか困難なものがあります。なので、住宅ローンの...

火災保険について@

あなたは、火災保険に入っていますか?旧住宅金融公庫で住宅ローンの借り入れをしている人は、段階金利にしていれば11年目以降4%くらいに金利がアップすると思います。そこ...

火災保険についてA

あなたは、自分自身が入っている火災保険をきちんと理解できていますか?民間の金融機関から住宅ローンの借り入れをしている場合でも、住宅ローンを契約した時に長期間の火災保険の契約...